FC2ブログ

よもやま日記帳

恐竜・フェレット・その他諸々
[HOME]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死因、特定できず

とうてつの臓器の病理検査結果が返って来た。
結果、心臓・肝臓・腎臓に死因につながる病変は特定できず。

悪いと思っていた心臓はそんなに悪くなく、
腎臓のほうが予想外に悪かったようだが、
だからといって、すぐ死んでしまうような病変ではないようだ。

獣医さんははっきり言わなかったけど、
副腎をとったあとの、ホルモンの急激な減少で血糖値が下がったことをうまくケアできなかったことがいけなかったんだと思う。
うちで強制給餌がうまくできなかったこと。
退院後にステロイドなどで補うことをしなかったこと。

フェレット飼育歴はベテランのはずなのに、ちゃんとみてあげられなかった。
ごめんなさい。
インスリノーマの典型症状ばかり気にしていて(それは出ていなかった)、手術で疲れているだけだと思っていたのが間違いだった。

吐き気などは腎臓のせいだったかもしれない。
でも、はっきり吐いたのは死んでしまう前の日だけだったし。
冷静に考えて対処すれば、なんとかなったかもしれないのが悔しい。
泣いても命は戻らない。

きりんちゃんの抗がん剤注射はあと2週間おきにあと6回必要なようだ。
前回、静脈からいれたのだが、点滴チューブをつなぐのがすごいストレスになりそうだったのでやめて、背中にうつことにした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。