よもやま日記帳

恐竜・フェレット・その他諸々
[HOME]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純和食なのに

20060831201237成田空港にて
調子がいまいちなので和食の店でけんちん汁定食を食べた。
気が付くとBGMにカルチャー・クラブが流れてた。 > 「君は完璧さ」
その後も80年代のヒットパレード、「リラックス」「レッツ・ダンス」「インビジブル・タッチ」「ヴィーナス」「ドント・ゲット・ミー・ロング」…。
ずっと居座ろうかと思った(^_^;)

スポンサーサイト

ブリスベン、10?25℃らしい

爪切って体重測ろうと思ってたのに、鼬どもは寝てしまった…。

明日は実家に預けにいってそのまま成田です。
今日は仕事でどんでん返しがあってへこんだけど、同僚に押し付けて遊びにいってきます < 不良社員
ヘルペスもまだ治らないけど行ってきます(^^;
気力も戻らないけど、きっとあっちへいったら元気になるはず…はず。
…だって涼しいもん!

とうてつ復調

一時期、体重が800g台になり、やばっ、病院! と思ってたとうてつ、病院へいくタイミングを見計らっていたら急に食欲が増進してうん@の量も増えた。そして増量に転じた。
…読まれた?

なんで急に食べるようになったのかはわからない。
この季節、暑いさなかに移動もなんだし、土曜の夕方は道が混むしで、ちゃちゃっと病院に行かれずにいたのだが…。
とりあえず増量すれば問題なし。

朝晩、ウォルサム免疫サポートを与えているので、機嫌がよくなったのかもしれない。 > そうりゅうと一緒にだが

元気になればなったでやっかい。
部屋をかけまわって突撃してくるし、退屈すると足首を噛みに来るし(^^;

…きりんちゃんとはまだ一緒にできないなぁ。

弱ったらしい > 人間

どうやらヘルペスってやつにやられたらしいです。
あ、鼬は元気です。人間のほう。

ゴビ帰りで、出張2連チャンだった2日目、どうも鼻の下が荒れてるなと思ってあせもの薬つけといたが、よくなっておらず、
翌日はニキビの薬をつけてみたがよくならず、
土曜になって、なんと顎の下のリンパ腺が腫れてきて…。

調べてみたらヘルペスのようなのだ。
初体験。
免疫がないと症状が重いとある。
リンパの腫れはそのせいだな、きっと。

とりあえず医者にいってみた。
ヘルペスといわれた。

疲れていると出るそうだ。
思っている以上に弱っていたのか。
…遊び過ぎ注意だな(^^;

とはいえ、仕事を片づけて遊びに出るのだ。ククク。
【続きを読む】

ゴビ2006掲載開始

やっとこさ、発掘1日目をアップしました。
なんでこんなに時間かかちゃったんだろー。
発掘は4日、それ以外に道中の話もあるのだが…。

タイムリーです、冥王星付き

なんとこの騒ぎになる直前に、こんなCDが出てました。

ホルスト:惑星(冥王星付き) ホルスト:惑星(冥王星付き)
ラトル(サイモン) (2006/08/23)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


二度と出せないねぇ。

この冥王星はコリン・マシューズというひとが作曲したもの。
ホルストが組曲「惑星」を作った頃はまだ冥王星は発見されてなかったのだ。で、もともと組曲には海王星までいか入ってなかった。近年、このマシューズの冥王星をくっつけて演奏する機会も増えていたとか。

このCDは2枚組でベルリンフィルの演奏。
2枚目のディスクには今回惑星にするのはまかりならんといわれていた「セレス」(ターネイジ作曲)っつー曲も入ってたりする。

他にも、チェコ・ナショナル交響楽団演奏のやつとか出てるみたいだ。

からぼん

20060824183726久しぶりに青山/原宿方面に出張、半年分の外車を見ちゃった感じ。

で、こじゃれた店にひとりで入る勇気なく、九州じゃんがらへ(^_^;)
新作(?)「からぼん」を食べてみた。
こってり「ぼんしゃん」の辛いバージョンだそうだ。
真っ赤でびびったが見た目ほど凄くはない。カラムーチョ以上暴君ハバネロ未満って感じ。

…じゃんがらラーメンも久々だったので「かためん」って指定するの忘れた。でもうまかった♪
味玉がかた茹でだったのがちょっとだけ残念。 > 角肉にすればよかったかな…

ちょっと進歩

今朝のことです。
そうりゅうときりんがじゃれてました!

…ちょっとの間だけだけどね。
ヤバイかなと思ったけど、きーきーバトルにはならず、ほっ。

この2匹はたまに匂いを嗅ぎにいくけど、お互いに相手に近づきすぎないようにしているので同時放牧可なのだ。 > 時々、シューッっていってるけど
この調子で馴染んでほしいものだ。

次の旅行の準備

オーストラリアは日本と四季がさかさまだ。
なので9月上旬は春、ということになる。
…寒いのか、寒くないのか…。

気温をネットで調べてみた。
なんとずばりブリスベーンの週間天気予報が日本語で見れる。 > 便利な世の中

 晴れていれば日中は25℃前後、夜は冷え込んで10℃前後

なーんだ、夏場のウランバートルと変わらないじゃん。
ということで、セーターとコートは持っていかないことにした。
重ね着でしのぐのだ。

痩せた?

20060820222457そうりゅうくん、実家でおもいっきり遊んでスリムになったかも(^_^;)

とうてつもなんか痩せちゃった。
きりんちゃんだけ肉付きがよくなっていた(笑)


歴代、預けて出かけても私の不在に気づいてないようだったうちのやつらだが、甘えっ子とうてつだけは違うらしい。私の足をぺろぺろぺろぺろ舐め続けていた。
ありゃ、久しぶりなのがわかったか。 > 初対面の人にはこれしないもん
甘えっ子は何かと勝手が違うなぁ(お迎え症候群も初だったし…)。

ただいま

20060819140022ほぼ予定どおり成田まで戻って参りました。
画像はモンゴルのミネラルウォーターと成田のたんぼ
いたちどもは実家で完全時間差放牧してもらってたようです。
明日、迎えに行きます。
今日は掃除と洗濯だm(-_-m)?

出発

20060812134852飛行機無事に来てました。
こいつが折り返してウランバートルへ行きます。
では行って参ります。


いきなり遅延

20060812121607ウランバートル行きだけ遅れております。
まあ、一時間だからちょろいもんだ(^_^;)
これから先は…

地元のコスモス

20060812082113かなり勢いよくしげっている。
今年もオレンジ色ばっかりのようだ。ちょっとつまんない(^_^;)

イタモコ

20060811115128湘南海岸のモスのスペシャルメニュー、ロコモコ。
これはトマトソースなイタモコ。
結構うまかった。
他にもタコライスとかカレーとかあったよ。

移送完了

うちのやつらは無事実家に。
だが準備中に時間がないからと同時に出したら、とうてつがきりんを襲って脱糞騒ぎ。余計手間かかる?。

20060811093328ケータイ画像は相変わらず静止するそうりゅうばかり(^_^;)


不覚!花火大会

帰宅直後、親から電話があった。
「今日は鎌倉の花火だよ」

げろげろ、これから鼬どもを実家に連れていこうと思っていたのに!
すっかり忘れてたよ、花火。
今夜は無理だな。夜中まで渋滞に違いない。

というわけで、合宿はあしたからです。
思い思いの場所で眠るうちのやつら。
そうりゅうとうてつきりn

きりんちゃんはお行儀がよいのでケージに戻って眠る(^^;

すっぱくないぞ

20060807235429
前にたべた「すっぱむーちょ」、全然刺激なくてがっくりした。
「スーパー」がつくこれ、いかほどかと試してみたら…

だめにゃん。普通に酸っぱいだけだ。
全然スーパーじゃないよ。
再びがっくり。

発掘したいなら…

ちょっと紹介が遅れたけど、今年はHISで「ダイノキングツアー」というのをやっている。

なんと6コースもある。
そのうち「探検編」4コースは恐竜博物館見学+観光。 > 発掘現場へはいかないので全然探検じゃないぞ。「学習編」とすべきかと(^^;
「発掘編」2コースは発掘体験付だ。

モンゴルは「探検編」で、せっかく恐竜の宝庫なのにゴビへは行かずに首都近郊の観光地へいくだけ。恐竜目当てならお勧めしない。博物館も目玉は世界巡業に出てたりして、今なら北海道で見れたりする。

この中でねこまたぎ的お勧めはカナダのコースだろう。
発掘体験も教え慣れたインストラクターが本格的に指導してくれるはずだ。
ティレルの博物館も盛りだくさんですごく楽しい。
もし、モンゴルがなかったら自分がいきたいくらいだ。 > 高いけど(^^;

中国は…マニア好みかも。どのくらい発掘体験ができるかは出たとこ勝負な気がする。発掘地を見るだけで満足できる人だったら、楽しめると思うが。

停滞、かな

だいぶおなかの調子が落ち着いてきたうちのやつら、
このままいけばそうりゅうときりんは共存できそうだ。

が、とうてつがいかん。
目が思いつめてる(^^;
きりんちゃんを嗅いだあと思いっきり襲う。
…きりん嬢のほうは嗅がれてる分には気にしないのだが…。

とりあえず近況は週末に「近頃のうちのやつら」にアップしました。
これから合宿の季節だというのに、うーむ。

久しぶりの冷やし中華

20060805143027暑くなるとたべたくなる冷やし中華、見た目がワイルドなのは自家製だから(^_^;)
これ、お酢がきつくなくてよかった。
が、湯通ししたアルファルファを入れたら水っぽくなっちゃった…。

透明人間研究中、だそうだ

科学が進歩すれば透明人間が…、というお話があるらしい。
「透明人間は実現できる」――英科学者の理論

論理物理学者ウルフ・レオンハルト博士という人がそんな論文を書いたのだそうだ。
博士によると、「ファンスティック・フォーのインビジブル・ウーマンなら可能」とか。
手段は、光を曲げる。
自分の周りの空間を湾曲して光を曲げると、そこにはずの人が見えなくなる、というもの。
体が透明になっちゃう透明人間とは違う原理だ。

ステルスなんかの場合だと、レーダーの反射をおさえて探知されにくくするらしいのだが、電波をむみょーっと曲げてかわしてしまえば、やっぱ探知されないよね。
きっとそんな理論だ。

これとは別に光学迷彩っていうのもあるらしい。
こっちは迷彩っていうくらいだからカメレオンみたいなもので、昔話の隠れ蓑とかハリーポッターにでてくる透明マントはこっち系らしいぞ。
「007/ダイ・アナザー・デー」の見えないボンドカーもこっち系だ。

で、先の博士、光を曲げる一歩手前で電波を曲げる装置を研究中らしい。なんか素材を開発中だとか。
楽しみなような怖いような…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。