よもやま日記帳

恐竜・フェレット・その他諸々
[HOME]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜100万年

041029_2206001_s.jpgこのパッケージからして内容は推して知るべしである。
100万年前といえば ジャワ原人くらいの時代である。言葉の発達していない原始な人々という設定のようだが、どう見てもせいぜいクロマニヨン人(せいぜい5万年前)である。
この映画はストーリーとか設定とか考えてはいけないのである。
レイ・ハリーハウゼンの特撮技術を喜ぶのが正しい見方である。
巨大なイグアナが二枚舌、とか、突如岩場に巨大ウミガメが現れてアーケロン、とか、アロサウルスがほぼ等身大、とか、草食のトリケラトプスが人を襲う、とか、突っ込んではいけないのである。げらげら。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。